看護師の転職までの流れ11ステップ!最強のサポーターって?

看護師の転職までの流れ11ステップ!最強のサポーターって?

看護師の転職までの流れを、あなたはご存知ですか?

「なんとなく想像はつくけど、よく知らない…。」

という看護師は多いかもしれませんね。

看護師の転職までの流れには、11のステップがあります。

これを知っているか否かでは大違い!

11のステップを知っていることで、同じく転職を検討しているライバル看護師に、大きな差をつけることができるんです!

しかも転職となると、人生にとっては転機ですよね。

不安や悩みが続出して当然です。

『そんなあなたをサポートしてくれる人は誰か?』

気になりますよね!

そこで今回は、『看護師の転職までの流れ』に焦点を当て、11ステップの詳細とあなたにとって最強のサポーターになってくれる存在についてご紹介します。

これであなたも、最強のサポーターに支えられ、転職という新しい人生のスタートを不安なく迎えることができるでしょう!

看護師の転職までの流れを知らない=転職を踏みとどまる原因に!

看護師の転職までの流れを知りたいと考える看護師の中には、知識や情報がないことで転職に踏み切れずにいる方がいます。

  • 転職時期はいつ頃がよいのか
  • 転職先を決めるポイントは何か
  • 求人はどこで探したらよいのか
  • 面接のポイントは何か
  • 退職時に必要なことは何か

など、他にも疑問がたくさんあり、結局転職を踏みとどまってしまう…。

しかし転職は一連の作業のようなものです。

これからご紹介する11のステップを確実に踏むことで、看護師であれば誰でも可能!

転職後には、「思ったより簡単だったかも!」と思えるかもしれませんよ!

看護師の転職までの流れ11ステップって?

看護師の転職までの流れには、11のステップがあります。

具体的にご紹介しましょう!

  1. ステップ①:転職時期決定!
  2. ステップ②:転職先への希望条件に優先順位をつける!
  3. ステップ③:転職求人を探す!
  4. ステップ④:転職求人に応募する!
  5. ステップ⑤:面接の準備とシュミレーションをする!
  6. ステップ⑥:面接を受ける!
  7. ステップ⑦:内定をもらう!
  8. ステップ⑧:退職手続き開始!
  9. ステップ⑨:内定受諾と入職日の決定!
  10. ステップ⑩:退職!
  11. ステップ⑪:転職先に入職する!

ステップ①:転職時期決定!

転職時期を決めるにあたって重要なのは、一番損をしない時期を選択することです。

  • ボーナスで損をしないか
  • 退職金で損をしないか
  • 求人数で損をしないか

看護師のボーナス時期といえば、一般的に6月と12月の年2回という場合が多いのではないでしょうか。

ですから6月いっぱい、12月いっぱいでの転職をすることが損をしないための時期といえるでしょう。

ここで注意点!

ボーナスをもらうためには、ボーナス支給日に在籍している必要がありますので、必ずボーナス支給日の翌日以降に退職しましょう

退職金については、職場の就業規定をよく確認することをオススメします。

退職金は約50%が『勤続年数が3年以上で支給』という規定を設けている職場が多いという現状があります。

また、国立・公立病院の場合、勤続年数によって支給率が大きく変わる場合もあります。

「あと数ヶ月で、退職金が貰えたのに!」

「あと数ヶ月で、退職金が跳ね上がったのに!」

こんな後悔をしないように、よく確認してから転職時期を検討するようにしましょう。

最後に、看護師の求人数についてですが、看護師の転職時期に推奨されているのは4月と10月です。

そのため求人数も…

  • 4月の転職に向け、2~3月
  • 10月の転職に向け、8~9月

に増える傾向にあります。

先立つものがなければ生活はできませんし、いくら転職したいと思っても、求人数が充実していないと、希望の職場に転職することはできませんよね。

また、あなたが転職するということは、今の職場で看護師に一人欠員がでるということです。

例えばそれが、人手の足りない年末年始やゴールデンウイーク、新人指導に人員が割かれる4月であれば、転職を止められるのは当然です。

揉め事を避けるためにも、人手が足りない時期は避ける方が利口といえるでしょう。

転職理由にもよりますが、少なくとも「もうこの職場うんざり!とにかく転職したい!」と勢いで転職することだけはやめましょう。

ステップ②:転職先への希望条件に優先順位をつける!

転職する理由は人それぞれ違いますよね。

転職理由がはっきりしている看護師もいれば、そうでない看護師もいるでしょう。

転職理由がはっきりしている場合は…

  • スキルアップを図りたい
  • 急性期看護を勉強したい
  • もっと高い給料やボーナスが欲しい
  • 高待遇で働きたい
  • 日勤のみの仕事がしたい

など、転職先に求める条件が明確なため、転職先の絞込みも比較的容易です。

ただ希望条件が山ほどある方は、全てを網羅して探すには時間も労力もかかりますから、優先順位をつけることをオススメします。

上位3位までに絞り、その条件で転職先を探すと、自分の希望に合った職場に出会える可能性は高くなりますよ!

一方転職理由がはっきりしていない場合は…

  • 人間関係が辛い
  • 今の職場が嫌い
  • なんとなく今の職場は向いていない気がする

など、漠然とした理由のため、転職先を決める場合も、どのようなポイントで絞り込めば良いのか悩む原因となってしまいます。

  • 人間関係が辛くない職場
  • 自分が好きになれそうな職場
  • 自分に向いてそうな職場

こんな条件で転職先を探しても、実際働いてみなくてはわからないというのが現状でしょう。

そんな時は、具体的にどんなことが辛く嫌だったのかを振り返ってみましょう。

どんなに小さなことでもOK!

辛いことや嫌なことを自問自答することで…

  • 自分はどのような職場で働きたいと望んでいるのか
  • 自分はどのような看護がしたいのか

が明確になり、意外と転職したい理由が、はっきりしてくる場合がありますよ。

例えば…

  • ベテラン世代の看護師と上手くいかないことが辛い→若い世代の多い職場に転職したい
  • 時間外労働が当たり前という風習が嫌→時間外労働の少ない職場で働きたい

転職したい理由が明確になれば、あとは簡単!

優先順位をつけ、上位3位までに絞り込んで転職先を探せば良いということです。

ステップ③:転職求人を探す!

いざ転職求人探し!となると、何から手をつけて良いのか困ってしまうという看護師も多いかもしれませんね。

求人を探すには…

  • 看護師転職サイトを利用する
  • ハローワークに相談する
  • インターネットで各病院のホームページの募集要項を見る
  • 新聞広告から探す
  • 知り合いから紹介してもらう

などの方法があります。

中でもオススメなのが、『看護師転職サイトの利用』です。

転職サイトに登録すると、転職コンサルタントの支援を受けることができます。

転職コンサルタントを利用すると、嬉しいメリットが満載

  • 職場の人間関係など、表向きにはわからない内情について教えてもらえる
  • 非公開求人の情報をゲットできる
  • 希望条件の直接交渉をしてもらえる
  • あなたに合った転職先を、的確に提示してもらえる

なぜこんなことが可能なのかというと、これまでの実績から、職場側と独自のコネクションがあるからです。

転職コンサルタントを利用することで、あなたは最強のサポーターを得ることができるでしょう!

ステップ④:転職求人に応募する!

転職求人に応募する際には、注意点があります。

希望の転職先が複数ある場合、一気に応募しないということです。

応募した数だけ、求人先との対応が必要になるということ!

無理が生じないよう、応募の時期をずらすなどの工夫をするようにしましょう。

また、転職求人に応募する前に、事前に職場の下見に行くことで、職場の雰囲気などを確認することができます。

あらかじめ転職求人の応募先を吟味することができれば、優先して応募する求人先選びにも役立つでしょう。

ステップ⑤:面接の準備とシュミレーションをする!

いよいよ面接先が決まると、次は準備!

  • 面接日が勤務と重ならないように勤務希望を出す
  • 面接先が遠方の場合で、面接先が複数ある場合は、連日の日程で面接ができるよう調整する
  • 面接先が遠方の場合は、ホテルの予約、交通手段の確保を行う

そして、面接前には、必ずシュミレーションを行いましょう。

  • 志望動機
  • 自分の看護観
  • 患者様とのエピソード
  • あなたが目指している看護師像
  • (転職先で)あなたが貢献できること
  • 新しく挑戦してみたいと思っていること

などについて、簡潔で伝わりやすい表現になるようシュミレーションしておくことをオススメします。

面接は誰もが緊張するものです。

100%の力を発揮するには、繰り返しのシュミレーションが、必ず役立ちますよ!

ステップ⑥:面接を受ける!

面接は、シュミレーションしたことを思い描きながら、リラックスした気持ちで受けることが大切です。

面接官を患者様のご家族とイメージすることで、案外看護師らしい自分で受け答えができる場合があります。

大切なのは笑顔と愛嬌!

自信を持って、あなたの人柄を存分に発揮してください。

ここで禁忌事項!

  • 遅刻をする
  • 給料や待遇の話をメインにする

これらをしてしまうと、面接官の心象はガタ落ち…。

どんなにあなたの人柄が良く、看護師として素晴らしい才能があったとしても、全て台無しになってしまいます。

給料や待遇面で交渉したいことがある場合は、面接後に、先ほどご紹介した転職コンサルタントの力を借りると良いでしょう。

ステップ⑦:内定をもらう!

内定までの流れは…

  • 面接日の翌日~遅くても2週間後までに結果が出る
  • まずは電話かメールで通知を受ける
  • 正式な内定通知が郵送で送付されてくる

内定通知が郵送されてきた場合は、書類の内容に不備がないか確認しましょう。

  • お知らせ
  • 内定通知書
  • 内定承諾書
  • 健康診断書

また、内定通知書に記載されている条件の確認も行いましょう。

  • 入職予定日
  • 勤務形態
  • 配属先
  • 休日規定
  • 基本給、手当、ボーナス額
  • 福利厚生

これらの内容が、面接時と大幅に違う場合は、病院側に確認するか、内定を辞退する必要があります。

この際も、転職コンサルタントを利用すると、あなたの代わりに交渉してくれる場合がありますのでオススメです。

ステップ⑧:退職手続き開始!

退職手続きの始まりは、上司への報告から始まります。

それはまさに、『突破しなくてはならない壁』

  • 退職者が出る=人手が減る
  • 退職者が出る=自分の評価が下がる

上司の中にこんな気持ちが芽生えることから…

  • 退職を許可してくれない
  • 退職を引き止められる
  • 退職を保留にされる

という状況になる可能性があります。

上司対策をして、退職手続きを円滑に進めたいという看護師にオススメの記事があります!

記事の最後にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

上司への報告が終わると、次に行うのは『退職願』の提出です。

これは病院の規定によって書式がかわりますので、わからないときは上司に相談して記入すると良いでしょう。

マナーとして、提出の際は必ず上司に手渡し

「またウルサイこと言われるの嫌だな…。」

「どうせ嫌味言われるに決まってる!」

と思っても、そこはグッと堪えて、大人の振る舞いを心掛けましょう。

それが円満退職への道です!

ステップ⑨:内定受諾と入職日の決定!

退職と転職先への入職を決めて、次にすることは内定の受諾です。

内定承諾書にサインをして、1週間以内に返信します。

もしも、入職日の調整が必要な場合は、直接転職先に電話をするか、転職コンサルタントにお願いして交渉してもらうようにしましょう。

ステップ⑩:退職!

いよいよ退職!

円満退職するには、あなたがどのような行動をするかが大切になってきます。

  • 手続きに漏れはないか
  • 受け持ち患者様の引継ぎに漏れはないか
  • 看護計画の評価は済んでいるか
  • 委員会の引継ぎに漏れはないか
  • 更衣室は掃除したか
  • 各所に挨拶回りをしたか

これらを網羅してこその、円満退職です。

円満退職したい看護師にオススメの記事を、最後にご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

ステップ⑪:転職先に入職する!

晴れて転職先に入職したあなた!

入職後は、『誠実・ひたむき・真面目』が鉄則です。

一生懸命頑張る姿に、誰もが心惹かれるもの!

どんなにやりたい看護があっても、職場に馴染めなければ、学ぶことも力を発揮することもできませんよね。

転職したことを、人生の転機にするのも大きな後悔にするのも、あなた次第ということです!

この11ステップで、転職までの流れは終了です。

「こんなにたくさんステップがあるなら、転職するの面倒になる…。」

そんな印象を抱いた方も多いかもしれません。

だからこそ転職サイト、転職コンサルタントの利用がオススメ

  • 求人先の検索に有利
  • 面接時の交渉に有利
  • 転職時の交渉に有利

面倒で躊躇してしまいそうなステップも、最強のサポーターがいると負担軽減

何より心強いですよ!

看護師の転職までの流れは、臨機応変でOKのケースもあり!

看護師の転職までの流れを知って、一つ疑問に思ったことはありませんか?

『ステップ⑧で退職手続開始!』

「これじゃあ、遅くない?」ということです。

なぜステップ⑧にしたかというと、内定をもらえない状態で退職を決めてしまうと、あなたは職を失うことになるからです。

ですから後ろ盾を確保してから、退職手続きを開始した方が安心ということですね。

ただ、『立ちはだかる壁』である上司との交渉が手こずりそうだと感じている場合は別!

早めに交渉を開始した方が良いケースもあります。

「内定は決まったけど、退職できない!」という状況だけは避けたいですよね。

ですから、臨機応変でOKということです!

交渉の猶予は1週間!

これは内定通知を受け取ってから、受諾するまでの期間ですから、それ以上かかることが予測される方は、事前に退職の報告を済ませておくと良いでしょう。

結論

  • 退職の手続き開始は、状況に応じて臨機応変に時期の変更は可能!
  • 転職までの流れに不安を感じている看護師は、看護師転職サイト、転職コンサルタントを利用しよう!
  • 転職コンサルタントは、あなたにとって最強のサポーターになってくれること間違いナシ!

看護師の転職までの流れには、11のステップがあることがわかりました。

この情報を知っているか否かで、同じ転職をしたいと思っているライバルの看護師に、大きな差をつけることが可能です!

そして、11もあるステップに躊躇したり、面倒に思ってしまったあなたでも、転職コンサルタントという最強サポーターの力を借りれば、今より転職に前向きになれるはずです。

これを機にあなたも、『看護師の転職までの流れ11ステップ』を参考に、新しい人生のスタートを迎えてみてはいかがでしょうか!

オススメの記事

看護師の転職の流れが知りたいあなたにオススメの記事をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

・「退職したい看護師さん必見!確実に退職できる方法伝授します

・「看護師が円満退職で辞めるタイミングって?引き際の美しさも肝心!?

・「職場に馴染めない看護師は、『誠実・ひたむき・真面目』で解決!

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

こちらもおすすめ

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる