看護師は楽な仕事とは無縁?!心も体も楽な職場は条件や選び方次第!

看護師は楽な仕事とは無縁?!心も体も楽な職場は条件や選び方次第!

 

看護師で楽な仕事についてが、今回のお話です。

 

看護師の仕事といえば…

 

楽な仕事とは無縁!

 

と感じている方も多いかもしれませんね。

確かに看護師は、忙しく、命に関わる現場で責任やプレッシャーと日々戦いながら働いています。

 

でも、全ての職場がそうとは限りません。

もちろん、『看護師で楽な仕事』もありますよ!

 

そこで!

『看護師で楽な仕事』に焦点を当て、その条件や具体的な職場、さらには高収入が期待できる職場まで、一挙にご紹介しましょう。

看護師で楽な仕事の条件5選と職場6選!

看護師で楽な仕事といっても、人間の命に携わる仕事であることに変わりはありません。

しかし条件によっては、身体的・精神的に楽という職場もあります。

 

看護師で楽な仕事には、どのような条件があるのでしょうか。

また、実際に楽な職場はどこのなのか?気になりますよね。

ご紹介しましょう!

 

看護師で楽な仕事の条件5選!

夜勤がない

看護師といえば、シフト制の勤務が一般的です。

2交替制や3交替制で、勤務であれば昼も夜も関係なく働かなくてはなりません。

 

そのため、生活スタイルや体調が安定せず、負担を感じている看護師は多いです。

日勤が続き、生活リズムが整ったな~と思っていたら、夜勤…。

寝る時間や食事の時間も一気に変わってしまうため、順応するまでには時間がかかります。

 

何十年もシフト制で働いている看護師でさえ、この生活には慣れないという方は多いです。

 

夜勤がなく、日勤だけの勤務であれば、何より生活スタイルが安定するため、体調管理もしやすく、身体的にも精神的にも楽だと感じる看護師は多いでしょう。

 

残業がないor少ない

例えば勤務終了直前に急変患者様が出た場合、「仕事終わりなので~。」と帰る看護師はいませんよね。

また、勤務中に入院や急変患者様の対応で、通常業務が押してしまえば、必然的に残業時間は増えてしまいます

 

また、看護師は記録物も多い

情報開示の関係もあり、記録は漏れなく丁寧にというのは常識ですし、看護記録だけでなく、定期的な看護プランの評価や褥瘡・医療安全・感染など、あらゆるものに判定基準があり、それを記録として残さなくてはなりません。

 

新規の入院があった場合は、記録物だけで相当な時間を費やします。

ですから、残業になる確率も高いということです。

 

今は前残業を禁止している職場も多いですが、勤務に遅れを取らないようにと、準備や情報収集のため、前残業をしている看護師も多いというのが現状です。

 

そして、勤務終了後の残業も前残業も、サービス残業をしているという看護師が多いという悲しい現実があります。

 

上司によっては…

「残業は、あなたの実力不足!」

なんて言葉で片付けてしまうというケースもあるでしょう。

 

残業は身体的にも精神的にも、看護師の負担になってしまうため、残業がないor少ない職場は楽だと感じる看護師は多いでしょう。

 

土日・祝日が休み

シフト制で働くことが多い看護師は、もちろん固定休ではありません。

土日が休みと決まっているわけではありませんし、連休を取得しづらいというのもアルアルです。

 

もちろんそのぶん、他の曜日に休むわけですが、特に年末年始やゴールデンウイークなど、一般的に世間が大型連休で休んでいる間も働いているわけですから…

 

羨ましすぎ~!

 

と感じてしまう看護師が多いのも納得ですよね。

 

また、特に毎週土日の休みが決まっている場合、予定が立てやすく、生活リズムが整うという利点もあります。

そのため、土日・祝日が休みの職場は楽だと感じる看護師は多いでしょう。

 

重症患者様がいないor少ない

重症患者様の担当になった場合、気が抜けない時間が続きます。

自分の観察力や判断力・知識・スキルで、患者様の命を左右してしまう瞬間があるからです。

 

責任やプレッシャーを感じる場面が、日に何度もあるわけですから、精神的な負担を感じてしまうのも当然です。

 

もちろん重症患者様を受け持っているからといって、他の患者様の受け持ちがないわけではありません。

看護師は人手不足が深刻です。

人手に余裕がない現場では、重症患者様を含めた多数の患者様を受け持つ必要があります。

 

勤務内ですべき業務に追われ…

 

休憩もまともに取れん!

 

なんてこともありますよね。

 

また、重症患者様を受け持っている看護師以外のメンバーも大変です。

臨時の入院や雑務、メンバーフォローなど、重症患者様を受け持っている看護師にはできない仕事を、残った少ない人数の看護師でこなさなくてはなりません

 

重症患者様がいることで、全体が忙しく、身体的にも精神的にも負担がかかってしまうということですね!

そのため、重症患者様がいないor少ない職場は楽だと感じる看護師は多いでしょう。

 

力仕事がないor少ない

看護師の仕事といえば、注射や点滴など、医療行為を一番に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

もちろん医療行為はありますし、大切な仕事の一つです。

 

しかし、看護師には、『患者様の療養上のお世話』という仕事もあります。

高齢化社会が深刻化する現代において、患者様の高齢化も進んでいます。

 

日常のケアに、看護師の手が必要な患者様が増えているということです。

  • 食事介助
  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • 体位交換

など、療養上のお世話は多岐に渡ります。

 

もちろん力が必要な仕事も山ほどあり、肩こりや腰痛に悩まされている看護師は、鎮痛剤を飲んだり、腰ベルトを巻きながら仕事をしているというのが現状です。

 

そのため、力仕事がないor少ない職場は楽だと感じる看護師は多いでしょう。

 

看護師で楽な職場6選!

ここまで、『看護師で楽な仕事の条件5選』をご紹介してきましたが、この条件を複数満たしている職場はどこなのか?気になりますよね。

 

看護師で楽な職場6選をご紹介します!

 

介護施設

介護施設といえば…

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護療養型医療施設
  • 有料老人ホーム
  • 老健施設

などさまざまな施設がありますよね。

 

高齢者が多いため、注入や吸引など簡単な医療行為はあるものの、重症患者様の管理や急変時の対応は少ないため、精神的な負担は少ないという特徴があります。

 

また、介護福祉士やホームヘルパーが常駐しているため、体位交換や入浴介助など、体力が必要な仕事も比較的負担を軽減することができます。

 

デイサービス

  • 利用者様の送迎
  • レクリエーション
  • 食事や入浴介助などの日常のお世話

がメインの仕事です。

看護補助者やヘルパーも常駐しているため、負担を軽減することができます。

 

夜勤がなく、残業や医療行為も少ないため、身体的にも精神的にも楽な仕事と言えるでしょう。

 

検診センター

検診センターは、病気を患っていない方の健康診断やがん検診を行います。

  • 採血
  • 計測

が主な仕事です。

 

夜勤や残業がなく、日曜日が固定休ですから、身体的にも精神的にも楽な仕事と言えるでしょう。

 

産業看護師(企業看護師)

  • 企業に勤める従業員の健康管理
  • 健康診断に関するデータ管理

などを行います。

 

夜勤がなく、残業や医療行為も少ないですし、急変時の対応もほとんどありません。

そのため、身体的にも精神的にも楽な仕事と言えるでしょう。

 

治験コーディネーター

  • 治験に参加する患者様への説明
  • 治験終了後の業務報告
  • 症例報告書の作成

などの仕事を行います。

 

夜勤がなく、残業や医療行為も少ないですし、急変時の対応もほとんどありません。

そのため、身体的にも精神的にも楽な仕事と言えるでしょう。

 

保育園

  • 園児や職員の体調管理
  • 園児のケガや体調悪化時の対処
  • 職員の健康相談
  • 保護者への健康指導

を行います。

 

こちらも夜勤がなく、医療行為もありません

子供と遊ぶことで体力を消耗する場面もありますが、何より子供が可愛く癒されるため、精神的にも楽な仕事と感じる看護師は多いでしょう。

 

 

看護師で楽な仕事は、病棟やクリニックでもあるの?

看護師で楽な仕事の条件や楽な職場をご紹介しましたが、大多数の看護師が働くのは、条件に当てはまらないような病院の病棟やクリニックですよね。

 

先ほどご紹介した『楽な職場6選』から漏れてしまった病棟やクリニックで働く看護師は、楽な仕事とは無縁なのでしょうか?

 

もちろんそんなことはありませんよ!

病棟やクリニックで働く看護師でも、病棟や診療科の選び方次第で楽な仕事ができる可能性は大です!

 

病棟編

看護師で楽な仕事ができる病棟の条件4選!

入退院が少ない病棟

新規の入院があった場合、患者様の情報収集や処置、記録の整理など、イレギュラーな業務が多いため、病棟自体が穏やかではなくなります。

 

また、退院時も看護サマリーの作成や看護評価など、イレギュラーな業務が増えることになります。

入退院が多い職場は、それだけ大変ということ!

 

そのため、入退院が少ない病棟は楽な仕事だと感じる看護師は多いでしょう。

急変の可能性が低い病棟

ICUや外科などの、一刻を争う急性期病棟で働く看護師の場合、急変時の対応は切っても切り離すことはできない業務です。

 

患者様が急変すると、全ての業務が一旦停止してしまいます。

そのシワ寄せが、残業やその後の業務の過酷さに繋がってしまうということです。

手術がないor少ない病棟

手術がある病棟の場合、術前・術後の管理が必要になります。

特に術後は、急変の可能性もありますし、気の抜けない業務です。

 

麻酔が効いている間、患者様は身動きがとれませんし、精神面だけではなく、身体的にも看護師にかかる負担は大きくなります。

 

そのため、手術がないor少ない病棟は楽な仕事だと感じる看護師は多いでしょう。

力仕事がないor少ない病棟

先ほどもご紹介したように、高齢者が多く、日常のケアが必要な患者様が多い病棟は、身体的に負担が大きいです。

 

自立した患者様が多く、力仕事がないor少ない病棟は楽な仕事だと感じる看護師は多いでしょう。

 

看護師で楽な仕事ができると感じる病棟は?

『看護師で楽な仕事ができる病棟の条件4選』をご紹介してきましたが、この条件を複数満たしている病棟はどこなのでしょうか?

回復期病棟

回復期の病棟は、基本的にリハビリを中心とした、自立へ向けた支援が必要な患者様が多い病棟です。

ただ、まだ介助が必要な患者様も多いため、力仕事はある程度覚悟する必要があります。

 

しかし、緊急の入院や急変時の対応が少なく、手術もありませんから楽な仕事だと感じる看護師は多い病棟と言えるでしょう。

療養型病棟

療養型病棟は、看取りの看護が中心です。

そのため急変時の対応が少なく、手術もありません

 

患者様の入れ替わりも少ないため、入退院の業務も少ないでしょう。

入院がある場合も、緊急ではなく、予定入院というケースがほとんどですから、事前準備がしやすいというメリットがあります。

 

ただ看護配置の関係で、急性期の病棟に比べ、看護師の人数が少ない場合がほとんどです。

看護師一人当たりが受け持つ患者様の人数が多いということですね。

 

また、療養型病棟の患者様は日常のケアを要する方がほとんどです。

回復期病棟同様、ある程度力仕事は覚悟する必要があるでしょう。

それでも、精神的には楽な仕事だと感じる看護師は多いと言えます。

 

看護師で楽な仕事ができると感じる診療科は?

回復期病棟や療養型病棟以外にも、先ほどご紹介した『看護師で楽な仕事ができると感じる病棟の条件4選』に当てはまる診療科があります。

 

  • 皮膚科
  • 眼科
  • 泌尿器科
  • 耳鼻科
  • 心療内科
  • 糖尿病内科

 

これらの診療科は、条件4選を複数満たしている診療科ですから、狙い目ですよ!

 

クリニック編

看護師で楽な仕事ができるクリニックの条件は?

クリニックは、夜勤がなく、固定休で残業や急変時の対応が少ないため、楽な仕事だと感じる看護師は多いかもしれませんね。

 

それでも、クリニックは、病棟とは違う面で過酷さを感じる職場です。

一日に大勢の患者様に対応しなくてはなりませんし、処置や指示受けも多く、忙しいことは覚悟しなくてはなりません。

看護師一人一人の判断力や観察力・スキル・知識が求められるため、ある程度万能である必要があります。

 

一見、『楽な仕事ができるクリニックの条件』などないようなイメージになりますが、もちろんそんなことはありません!

ポイントは、選ぶ診療科です。

 

  • 眼科
  • 耳鼻科
  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 心療内科

 

一般的な風邪症状から予防接種まで、あらゆる患者様を診療する内科や小児科とは違い、これらの診療科は、ある程度分野が絞られているため、比較的楽な仕事ができる診療科と言えるでしょう。

 

看護師で楽な仕事ができると感じるクリニックは?

予約診療制のクリニック

予約診療性のクリニックは、突発的な受診がないぶん、時間的に余裕をもって働くことのできる職場です。

予定が立てやすいため、仕事もスムーズに行うことができますから、楽な仕事だと感じる看護師は多いでしょう。

美容クリニック

美容クリニックは、美しくなりたい方を対象として診療提供をしています。

そのため、看護師が負担する医療行為は少なく、身体的にも精神的にも楽な仕事だと感じる看護師は多いでしょう。

 

また、美容クリニックは、一般クリニックより高収入というメリットもあるためオススメです!

 

 

看護師で楽な仕事&高収入は、欲張りすぎ?!

いくら看護師で楽な仕事ができるといっても、「給料が安すぎるのはちょっと…。」という方は多いですよね。

 

「仕事が忙しいのは嫌!でもお給料はたくさん欲しい!」

一見欲張りさんのようですが、こんなふうに望むのは、人間誰しも当然のこと!

 

  • 楽な仕事
  • 高収入

この二つを叶える職場はないのでしょうか?

 

安心して下さい。

もちろんありますよ!

 

病棟看護師

「え?病棟看護師って大変なんじゃない?」と思われた方もいるでしょう。

でも思い出してください!

 

病棟看護師でも、先ほどご紹介したように診療科によっては、楽に仕事をすることができます。

同じ病棟看護師であれば、「楽な仕事だから減額!」ということにはなりません。

 

看護師の平均年収は、約480万円です。

楽な仕事をしつつ、平均年収相当の給料を貰えるということですね。

 

ただ病棟勤務の場合、もちろん異動もあります。

希望して仕事が楽な診療科のある病棟に配属されたとしても、永遠に同じ病棟で勤務できるわけではありませんから、注意が必要です。

 

治験コーディネーター

治験コーディネーターの仕事は、ある意味専門職です。

そのため未経験で就職した場合、平均年収は350~400万円と、看護師の平均年収と比較すると若干低め…。

 

ただ、専門性もあり、仕事を覚えるとどんどん給料がアップしていく仕事でもあります。

年収1000万円も夢ではありません。

 

美容クリニック

美容クリニックは、保険適応外の自由診療のため、診療費を自由に設定することができます。

そのため、儲かっているクリニックほど、看護師へ還元する給料も高くなるということ!

 

美容クリニックの平均年収は約450万円ですから、夜勤手当がなく、残業も少ないことを加味すると、高収入な職場と言えるでしょう。

 

 

看護師で楽な仕事を目指すなら、転職コンサルタントを利用しよう!

看護師で楽な仕事やさらに高収入を叶える職場を目指した場合、自力で探すことに限界を感じている方はいませんか?

確かに条件が良いからこそ、転職活動も難しくなりますよね。

 

そんなあなたにオススメなのが、転職コンサルタントです!

転職コンサルタントは、これまで得てきた情報網の中から、看護師で楽な仕事やさらには高収入な職場を見つけ出し、あなたに紹介してくれます。

 

もちろん転職先への質問や条件の交渉も代行してくれますから、何も心配することはありませんよ!

 

 

今回ご紹介した、看護師で楽な仕事は、忙しく責任やプレッシャーを感じながら働く看護師であれば、一度は憧れる内容のものだったかもしれませんね。

 

でも一つ忘れてはいけないことがあります。

もちろん、楽な仕事にはそれなりの代償もあるということ!

 

忙しく責任が重い仕事だからこそ、やりがいを感じたり、スキルアップを図ることができるというケースもあります。

楽な仕事は、その機会をスルーしてしまう可能性が高いです。

 

また、いくら楽な仕事で給料が高い職場があるとは言っても、やはり高度な医療を提供している超大規模病院のような職場にはかないません。

 

「仕事の割には、給料に満足できる!」

とある意味割り切る必要があるのかもしれませんね。

 

それでも一度は憧れた、『看護師で楽な仕事』!

経験してみることで、新たに養われる看護観もあるでしょう。

これを機にあなたも、『看護師で楽な仕事』を目指してみてはいかがでしょうか。

 

結論

  • 楽な仕事には代償もあり!受け入れられるのであれば転職すべし!
  • 中には楽な仕事で高収入な職場もあるが、基本的には、「仕事の割には、満足できる!」と割り切って考えて転職すべし!

 

オススメの記事

看護師で楽な仕事がしたいと悩むあなたにオススメの記事をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

 

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる